ルドラクシャと天然石とスピリチュアルな日々

菩提樹の実・天然石・スピリチュアルアイテムの専門店 ShaktiMoon-シャクティムーン-の徒然日記。ルドラクシャ・シンギングボウル・ガネーシャ神グッズ・神社やパワースポットの紹介など。

固定観念・抑圧された感情から解放され、自由な発想力を高めたいあなたへ!グリーンフローライトとルドラクシャのお守りマクラメネックレス・チョーカー・ペンダント・第4チャクラ対応

こんばんは、ルドラクシャ(菩提樹の実)や天然石を組み合わせたヒーリング・スピリチュアルアイテムを心を込めてお作りし全国及び海外へお届けしているShaktiMoon-シャクティムーン-です(^-^)

 

新作のご紹介です♪

 

固定観念・抑圧された感情から解放され、自由な発想力を高めたいあなたへ!

 

f:id:shaktimoon:20210702185827j:plain

 

上品な透明感と瑞々しいグリーン色が爽やかで可愛いグリーンフローライト☆

 

ネックレスとしてもチョーカーとしても身につけられる、丁度良い大きさのグリーンフローライトです♪

 

身に付けるだけで心身が強力に浄化されると言われる神聖な菩提樹の実-ルドラクシャ-☆

 

フローライトの上にルドラクシャをひと粒組み合わせ、後ろからも持ち主様をお守りしてくれるように紐のエンド部分に2粒ずつルドラクシャをお付けいたしました!

 

別名「天才の石」とも呼ばれ、非常に高い波動を持ち脳を活性化させ固定観念や抑圧された感情をを取り除き、
集中力を高め自由な発想力を高める効果があると言われているフローライト。
頭脳を明晰にする効果があることから、受験のお守りとしても用いられています。
リラックス効果もありヒーリングにも用いられています。
様々な色彩を持つフローライトですが、色別の傾向として、
グリーン系は癒し・健康運全般にポジティブに働きかけ、
ブルー系はコミュニケーション能力を高め、周りの人間関係を良好に導いてくれるでしょう。

 

f:id:shaktimoon:20210702185855j:plain

 

シャクティムーンでは作品に使用する天然石もルドラクシャも、
聖地へ直接赴き、ひとつひとつ厳選し買い付けた高品質素材のみを使用しています。

 

ヒーラーだからこそ選ぶことができる、他では手に入らない高波動の高品質ルドラクシャを使用し、
レイキ・シンギングボウルヒーラーでもあるオーナーが、悠久の大自然に囲まれたパワースポットとしても名高い神々の棲まう町-高千穂・阿蘇にて、ひとつひとつ心を込めて丁寧に結んだマクラメネックレス・ペンダントです。

 

阿蘇・高千穂のパワーの強い御神水・シンギングボウルにて丁寧に浄化・活性化しエネルギーを高めてからお届けいたします。

 

f:id:shaktimoon:20190714193949j:plain

 

フローライト:自由な発想・思考力・受験のお守り・ヒーリング・健康運


ルドラクシャ:開運・魔除け・お守り・邪気払い

 

対応チャクラ:第4チャクラ 愛情と人間性

 

☆ルドラクシャ(菩提樹の実)とは☆
古の時代、ブッダは菩提樹の木の下で悟りをひらきました。
ルドラクシャとは古代のインドの神の言葉-サンスクリット語で「シヴァ神の涙」のことを表します。
古代よりインド、ネパール、チベット、バリなどアジアの国々で神聖なものとして重宝されてきました。
強力な浄化作用を持ち、身に付けるだけで心身が浄化されると言われています。
人種・宗教・年齢・性別に関係なく身に付けることが出来、開運・魔除け・お守り・邪気払いとして人々に親しまれています。
ヨガや瞑想をなさる方に特に人気が高く、ネガティブな思考を取り除き精神状態を安定させる効果があると言われています。

 

f:id:shaktimoon:20190525211320j:plain

 

f:id:shaktimoon:20190525211332j:plain

 

f:id:shaktimoon:20190525211345j:plain



f:id:shaktimoon:20190525211410j:plain

 

ルドラクシャ(菩提樹の実)が初めての方へ→

 ムキ(面)ごとの意味やルドラクシャについての詳しい説明はこちらへ→

shaktimoon.hatenablog.com

  シャクティムーンのオンラインショップはこちらから→

shaktimoon.net

 

シャクティムーンのInstagramはここをクリック

 

シャクティムーンのTwitterはこちらから→

twitter.com

シャクティムーンのCreema特集はこちらから→

www.creema.jp

シャクティムーンのminne特集はこちらから→

minne.com